読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに風を追う日々

ふらりぶらりのバイク人。 気のみ気のまま綴ってるので 観覧による時間の損失は保証されません、とか。

筑波サーキット コース1000走行会 「ASRS」 20140429 ~振り返りその2~

筑波サーキット1000 サーキット CBR600F 自己ベストタイム

~つづき~

 ・走行3 フリー走行

間の枠に見せてもらった梨本塾長&坂田講師のスペシャル走行で、インフィールド2コーナーから最終複合コーナー入口までに1→2→1の操作が入っていたので実践。

1速維持だとエンジンふけ切っていたのがリズム改善、やってみると思ったより操作のゆとりはありました。

ホームストレッチでの3速入れはさすがに余裕なくて、2速ふけ切るけど我慢走行。各コーナーには慣れてきて、立ち上がりラインは大分思い通りに♪

これ以上は簡単に詰まらなそうって感触で40秒台。

立ち上がりに早くアクセル開けたい欲求満々で、タイヤざくざく減ってる気がします・・(@ロ@;

 

・走行4 フリー走行(おさらい枠)

ホームでの3速利用が気になっていたので、テスト的に導入。

エンジン回しきる事より、シフトアップ優先の加速で1→2→3、からの1コーナー侵入前のブレーキング&3→2、なんだか凄くリズミカルになった印象と、コーナーへの

アプローチが安定した感じ。

不安感からの侵入速度不足が、リズムを悪くしてたかも?

 

この枠からヘアピンコーナー立ち上がりに、転倒車によるオイル処理後が出来ていたんですが、ぎりぎりイン側のラインが残っていたので、ぐるっと旋回してインベタの立ち上がりラインを直線的に加速するルートを走行。

ヘアピンからインフィールド1コーナーまでの区間にストレートができた印象で、きっちり加速からのブレーキング&インフィールド①②をV字イメージに走ったらハマった感触。

 

ホームストレッチから3→2→1→2→1→2→3っと、ギアを頻繁に使いながら旋回するリズムが凄く心地よくて、ちょー楽しい感じに♪

 

ちょっと満足してペースを緩めていると、Duke200にスパ!っと抜かれます。「ぬぉ!その排気量差で千切らせませんよ!」っと追走開始。

ヘアピン前でさされて、インフィールド立ち上がりで抜き返して、最終複合入口でさされて、ホームストレッチで抜き返す。 X 数週

ちょー楽しかった♪ 

多分、坂田講師? ありがとうございました(><

 

以上で走行終了。

その後、西新井で皆さんと打ち上げて、また一つ最高の一日は幕を閉じるのでした。

ご一緒した皆さん、塾長、講師の皆様、ありがとうございました!

 

・走行結果

走行枠 Best[秒] 最高速[km/h] BestLAP 総LAP
計測器 GPS[747pro]
1 - 43.510 120.5 12 16
2 - 41.488 147.2 7 14
3 - 40.372 148.5 15 24
4 - 38.578 149.2 20 26
最高値 - 38.578 154.6 - -

 

 ・おまけ(GPSグラフ)

f:id:kazeoibito:20140514224301j:plain

# 青線:2本目(1~2速走行)、赤線:4本目(1~3速走行) ※横軸距離表示

 

・関連

筑波サーキット コース1000走行会 「ASRS」 20140429 ~動画~

筑波サーキット コース1000走行会 「ASRS」 20140429 ~振り返りその1~