読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに風を追う日々

ふらりぶらりのバイク人。 気のみ気のまま綴ってるので 観覧による時間の損失は保証されません、とか。

仙台ハイランド走行体験(エンジョイミーティングイベント)

行ってきました仙台ハイランド! 仙台転勤時代のバイク仲間が出走するとのことで、「いつか一緒に走ろう」の実現へと参加申し込み。 (コース長4km!ロングコース初走行です☆) 当日の天気予報が優れず、直前まで参加見送りの判断に迫られましたが、何とか曇り予報になったので決行しました! ・前夜 S1000を引っ張り出して積載テスト。 9R時代に使っていたサイドバックが合うか試してみるもマフラー干渉で没。(600Fへのフィッティングも微妙なので手放そうかな・・) 最終的にツナギを脱いでいく案は諦め、タフザックでのリアシート方式に。 フレームカバーの歪み調整とかやってたら、あっという間に遅くなってしまい、寝る支度が出来たのが起床予定の2時間前。 結果ちゃんと起きれましたが、良い子はしっかり睡眠時間を取りましょう。 ・仙台ハイランドへ 目標の3時半からちょっと遅れて4時前に出発。天気は持ちそう。 通りすがりのCBRとランデブーしながら那須高原SAに到着。 パンチレザーの革ツナギではちと肌寒くインナージャケットを着こみます。もう秋の兆しでしょうか。 仙台宮城ICを降りて西へ。そのままいくらか走ると仙台ハイランドの看板が出てきます。 ゲートまでの荒れた路面に若干廃墟感を感じつつ、無事ゲートに到着。 そこにはオープン待ちの行列がいました。 友人はまだ来ていない様子で、しばし周りの方々と歓談。 トランポ組に同じS1000がいると思えば、埼玉のご近所からの方だったようで、面白い偶然もあるもんですね♪   路面は水たまりを残すハーフウェット。乾いてくれるといいんだけど・・   友人と再会し、受付等を済ませていると怪しい雲行き・・と思ったら、すっかり雨模様になってしまいました。走り出す前に路面はフルウェットへ。 ・1本目 走行時間になり、雨の降る中、友人と共に走行へ。 まるまる追尾で走らせてもらいましたが、やっぱりコース長いですね。すぐには頭入らない。 全くと言っていいほど路面接地感がなく、早々に切り上げました。 天候回復を祈ります。 2本目までの待ち時間、友人に銀マットとシュラフをお借りしてプチ仮眠し、リフレッシュ! 朝から食べ物分けてもらったりお世話になりっぱなし。 ご家族が車で来てたんですが、お子さん(3歳児)が可愛すぎてずっとニアニアしてました(笑) ・2本目 先ほど2.1、2.2で走り出した空気圧を前後1.9にして、今度は友人とバラバラに走行。 レクチャーしてもらったコースのイメージを照らし合わせながら、マイペースに走行します。 相変わらず接地感がなく、コーナー立ち上がりで車体起こしてるのにリアタイヤがツルツル滑る。 走行時間終了まで走りを模索するも全然形にならず、残念な感じ。 (もうちょっとタイヤ温める事に注力した方が良かったのかな?) レインタイヤでばびゅーんと走っていく車両が羨ましかったです・・。 最後の模擬レースは結局見送り辞退しました。 タイム差があり過ぎるのと、ウェット路面で楽しくバトルできる自信がなかったので。 友人とはリベンジを誓って、仙台ハイランドを後にしました。 そうそう、申し込み時に用紙に書いたPRコメント、しっかり場内放送で読んでもらえました。 塾長の著書「エッジで走れ!」をPR。塾生として貢献しないと、とか?(@@v 場内放送のアナウンサーの方、2度も言ってくれてありがとうございました。ネタとしてやり切れた気分です(笑) ・ライダーズカフェ せっかくなので移転されたMT99に連れてっていただきました。   間取りが広くなってグレードアップ。いろんな小物が楽しいです。   4大メーカーのドリンクメニューはKAWASAKIを選定。600Fには申し訳ないが9Rを担ぎました(笑) アイスパンもうまし!(>< ライダーさん、仙台にお立ち寄りの際はぜひ☆ サンドイッチ食堂モータータウン99:(リンク) 自分のエネルギーを満たしたところで、友人とお別れして帰路へ。 革ツナギにレインジャケットを羽織り、通り雨に備えて走りましたが、埼玉手前で豪雨に遭遇してしまい、ちょっとお尻が冷たい事になりました(;。; SAで座って仮眠とったりと、なんだかんだして8時半に無事帰宅。 いやー疲れた、疲れた。 次回は熟睡して挑みたいものですね(違) 以上、なかなかの無駄遣い、東北自動車道ツーリングでした(笑) ・仙台ハイランド コース案内(リンク